新聞、雑誌などの記事から 2014/05/20 更新
プロフィール
吹きガラス作品
照明作品
展示会
日加タイムスの記事
新聞,雑誌記事から
作品取り扱い店
プライベートライフ
ギャラリーKURA
ブログ最近思う事
最近思う事2005
最近思う事2004
最近思う事2003
最近思う事2002
最近思う事2001
リンク
お知らせコーナー
(展示会、売りますなど・・)
中日新聞 2014/5/10
廃材からランプ再生の灯 松本で笠井さん

不用となったくずガラスをもらい受けてランプなどを作っている吹きガラス工芸家笠井秀郎さん(64)=松本市井川城=の「灯り展」が九日、松本市のレストラン「オー・クルヨー・ド・ヴァン」で始まった=写真。松本の月間イベント「工芸の五月」の一環で、二十八日まで。自宅でガラスを吹いて三十年になる笠井さんのランプは、いずれも肉厚のガラス製。発光ダイオード(LED)電球で温かみがある。柄に蛇口付きの水道管、台座には炭アイロン、スクリュー、農具の一部、古いカメラなどが使われている。テーブルやカウンターの上に約三十点が並べられている。「廃物だとされていたものが再利用されると、何とも言えないほどいい味が出てくる」と笠井さん。「レストランという空間での展示は雰囲気が良く、面白い。薄暗い明かりを楽しんでほしい」と話した。(武井孝博)
中日新聞 2011/9/21

「新たな命の灯を表現する」
薄明かりランプにこだわるガラス工芸家 笠井 秀郎さん(61)松本

吹きガラス作家として、もう四半世紀になる。いらなくなって捨てられる運命だったくずガラスをもらい受けて再利用して作り、海外でも活動。とりわけ熱を入れているのが、「新たな命の灯を表現する」とうたったランプ作品だ。
 趣のあるガラスの明かりだけではない。古い水道管を柄にし、台座には炭アイロンも農具も使う。「古いものはいい。用途の違いがあっても、そのまま使ってみれば味がある」と、廃材だったものを“美”にしてしまう
 幼い頃から工作が得意で、物理学の研究に没頭したことも。「ものづくりに携わる人たちを応援したい」と、一九八二年に土蔵を利用して松本市に「ギャラリーKURA」を開設。前衛芸術家草間彌生さんの作品を地元に知らせたのをはじめ、現代美術の企画展を開いた。その四年後、廃材を使ってギャラリー兼ねた自宅を自分で手作りし、吹きガラス作家の道入った。
最近は、発光ダイオード(LED)を中使うことで、「本も十分見ることができる、ろうそくより、少し明るいぐらいならいい」と、薄明るい明かりにこだわっている。 この夏、相次いで開いた展示会では、すべてのランプに1.6wのLEDを使った。電源も二枚置いた中古のソーラーパネルからの太陽光ですべて賄った。電力危機が叫ばれる中、さりげなく「明る過ぎるのもいいものか。夜を楽しむのもいいんじゃない」と語る。ギャラリー開設の頃から、一貫して「本物を求めたい」と見据えているのかもしれない。(武井孝博)

新潟日報 2010/4/3 廃材利用のエコガラス展、長岡 アンティークで温かい雰囲気を醸し出す

廃ガラスや古道具などリサイクル素材で作った照明器具を並べた個展「吹きガラスの灯(あ)かり展」=写真=が、8日まで長岡市呉服町2の「ギャラリーmu・an」で開かれている。個性的な形のランプが、アンティークで温かい雰囲気を醸し出している。
 制作したのは、欧米や全国各地で個展を開いている長野県松本市のガラス作家笠井秀郎さん(60)。本県では初めての個展で、照明約40点と、器約30点が並ぶ。
 ランプシェードは医療器具などのガラスくずを窯で溶かし、吹いたもので、一つずつ色や形が異なる。脚部は水道の蛇口、農機具、アイロン、車のハンドル、船のスクリューなど古い素材を利用。ライトは発光ダイオードで消費電力を抑えた。
 笠井さんは「エコのつもりで始めたが、古い物ならではの味、魅力を感じてもらいたい」と語る。7日は休館。問い合わせは同ギャラリー、0258(33)1900。

岐阜新聞 2010/3/2 廃材利用、風情を演出 「アンティーク明かり」脚光 くずガラスやアイロン

廃材を使ったアンティークでユニークなスタンドタイプの明かりが話題を呼んでいる。シェードはくずガラスを使った吹きガラス、スタンドは使い古したミシンや船、車の部品、顕微鏡や炭アイロン。どこか懐かしい風情が魅力だ。使い込んだものを現代に使えるものとしてよみがえらせるのは、吹きガラス作家の笠井秀郎さん(60)25年以上前に自宅を廃材で自ら建てたのをきっかけに、古いものの味わいに引かれるようになった、さまざまな廃材を使ううち、ガラスと出会い独学で吹きガラスを始めた。ガラスは医療機器メーカーで使われなくなったものを主に、工房などから出るくずガラスを使う。作業工程が長くなるとエネルギーを使うので、一つ数分で一気に仕上げる。あまり手を加えずに重力や圧力など自然に任せ、できたものを受け入れるスタンス。そのため作品は厚みや色にむらがあり、中に泡が入ったり、曲がったり、段がついたりとすべて違った表情になる。暑さ5〜6ミリのぽってりしたシェードは、透明感あふれる精巧で繊細なガラスとは全く異なるもの。制作する環境もエコにこだわる。例えば、手作りの窯は中古のれんがで厚く作られ、バーナーは一つだけ。朝火をつけ、夜には消す。灯油は廃油を使用。「高温で暑い中、短時間で集中して創作するのが楽しい」と笠井さん。当初は食器や花器を制作、秋冬に使えるガラス作品をと、10年前から明かりを手掛けるようになった。シェード以外もリサイクル品だ。例えば、脚になっているのは、車のハンドルや農作業用のすき、鍬(くわ)だ。人気で定番なのが、船のスクリューや炭のアイロンを脚にしたもの。最新の作品は蛇口とスクリューの組み合わせだ。骨董(こっとう)屋、解体屋、リサイクル店などから集め、配管部品やパイプとはんだでつなげる。値段は4万〜8万円台まで。光源は電球型のLEDで、実際に使うときも省エネだ。シェード部分だけ交換できる(シェード大23100円、小2万1000円)(吹きガラス工房()〒390-0831長野県松本市井川城3-10-32、電話0263(26)7385

朝日新聞 2010/2/7 エコな芸術を力まず楽しく 銀座でガラスの灯かり展 松本の笠井秀郎さん

松本市井川城3丁目のガラス作家笠井秀郎さん(60)の個展「吹きガラスの灯かり展」が9日まで、東京都中央区銀座5丁目のACギャラリーで開かれている。廃ガラスを原料にしたガラスと、古い道具を加工した脚を組み合わせて作った照明器具35点を展示している。笠井さんは脱サラして松本市内にギャラリーを開いた1980年代初め、古材で家を建てたことを機にリサイクルに興味を持ち、独学で廃ガラスを使ったガラス制作を始めた。企業や工房などからもらったガラスくずを、中古の耐火れんがで自作した窯で溶かし、鉄パイプの先で吹いて形にする。脚は船のスクリュー、ミシン、アイロンなどを曲げたり、着色したりして再利用している。光源は発光ダイオード(LED)電球で、消費電力は通常の白熱電球の10分の1ほどだという。米、豪、加、ベルギーなどでも展示会を開いた。三味線の2代目高橋竹山さんなど異分野とのコラボレーションもしており、昨年末にも東京芸術劇場であった和太鼓奏者佐藤健作さんのステージで笠井さんの作品が使われた。笠井さんは「環境によいと声高に叫ぶのではなく、楽しんでやっている」と話す。問い合わせはACギャラリー(03・3573・3676)  (村山恵二)

信州Live on 信濃毎日新聞社 2009/2/24 リサイクル吹きガラス作家 松本の笠井秀郎さん

笠井秀郎(しゅうろう)さん・千賀子さんご夫妻に初めてお会いしたのは、2000年春、「寄ってみたい店 松本・安曇・諏訪」(山麓舎刊)(←現在は発行されていません)の編集会議でした。年齢不詳(すみません)でひょうひょうとしたその風貌に「どんな方なのかな?」と、興味津々。聞いてみると、ものづくりに携わる人たちを応援したいと松本駅近くにあった土蔵を利用して1982年に「ギャラリーKURA」をオープン。その4年後、現在の場所に廃材でギャラリー&自宅を自分で手づくり(驚き!)し、現代美術など様々な企画展を約200回行いながら、いらなくなって捨てられる運命だったくずガラスをもらい受けて(以前は安曇野のガラス工房などから、現在は某医療機器メーカーから)再利用し、吹きガラス作家としての活動も。最近はそちらの方が忙しくなっているとのことでした。 後日、作品や工房も見せてもらいました。ガラスというと繊細で冷たく壊れやすいというイメージでしたが、そこには丈夫でぬくもりのあるひとつひとつ違う表情の作品がありました。窯もリサイクルの耐火レンガで自作し、朝、火を入れて夕方には落とすという環境に配慮した方法で制作しています。もともと環境問題には関心がありましたが、独学で始めてみると、色づかいや気泡などが新しいものでは出せない意外性や味わいを演出し、温かみのある作品を生み出す魅力にのめり込んだのだそうです。この作風がガラスの歴史の長い国ほど新鮮に受け取られ、オーストラリア、ベルギー、アメリカ、カナダなどで開いた個展も好評でした。もちろん国内各地の展示でも、趣あるガラス作品は大反響! 一輪挿し、グラス、皿、鉢などから始まった創作でしたが、ここ数年ほどは木や鉄などのリサイクル品を工夫し台座に据えて組み合わせたオリジナルな灯り(照明)に凝っています。写真にある灯りの台は車のハンドルです。ほかにも古いアイロンや顕微鏡、鍬などの農具etc・・・意外な面白いものと組み合わせ、それもお互い(ガラスも台も)現役での役割を終えたものが再び命を吹き込まれてよみがえります。「森のみち草」にあるこちら(→http://morinomichikusa.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-2520.html)は、3本足の備中鍬の上で暖かい灯りが灯ります。コラボレーションという点では、今、話題の和太鼓奏者、佐藤健作さんのステージでは太鼓と、二代目高橋竹山さんの舞台では三味線とセッションし、演奏を盛り上げました。他者と共演することでお互いが輝きを増すなんて、素晴らしい!ことですよね。 ギャラリーも自宅も工房も窯も手づくり、その上、工房の脇にある桑の木にツリーハウスまで建ててしまって、何という“ずく”の持ち主!でも、これはご本人が楽しんで取り組んでいることなので、手間暇かかっているけれど苦労と思っている感じは全然なく、工夫された居心地のいい空間を作り出しています。これまでギャラリーで培ってきた人脈と人柄で全国各地そして海外にも多くの友人知人を持ち、遠方から訪ねてきて泊まっていく方も多く(ゲストルームは和室と洋室があって、6人まで宿泊でき、泊まった記念にひとこと書き入れてもらうスケッチブックは、もう7冊目に入っていました。ほとんど宿のよう!?)、友達の友達とか直接知らない人でも、自分たちも外出先や旅先で周りにお世話になることもあるから・・・と、旧知の友人と同じようにもてなし松本ファンを増やしています。独身のころバイクで日本一周も達成したという千賀子さんは、東京生まれだと後から聞いてびっくり!畑も耕し地元の旬の恵みを利用してジャムなどの保存食作りにも精を出し、それはもうプロ級の腕前です。私たちもひょんなことから出会えたご縁をいつまでも大切にしたいと思う素敵なご夫妻、きっとこれからも楽しみながら精力的に活動されることと思いますので、お近くで作品展が開かれることがありましたら、ぜひ足を運んでぬくもりある作品に触れてみてくださいね。自然体で信州の自然と共生した暮らしを楽しむ笠井さんご夫妻のことをもっと知りたい方はこちら→http://homepage2.nifty.com/shurokasai/
    (流れ星 改め ぺんぺん草)

朝日新聞 2008/7/3 廃材に「プッ」吹き込む命 吹きガラス作家 笠井 秀郎さん 

 溶けたガラスに竿(さお)で息を吹き込み、器やランプシェードを作る。一つ一つ形が違う個性的な作品は、おしゃれな女性誌でも紹介された。 「実は全部ごみでできているんです」。医療器具メーカーやガラス工房から、端材や廃ガラスをもらう。ランプの足も水道の廃管や古いアイロン、不要になった車のハンドルを使う。 「資源の節約になるし、何と言っても安上がりですし」 笠井さんが独学で吹きガラスを始めたのは25年ほど前。長野県の広告会社で役員にまでなったが、「疲れちゃって」30歳で退職した。もの作りにあこがれ、芸術家を応援しようと同県松本市で画廊を開いた。ところが「プッと吹いたらすぐできる」吹きガラスに出会ったら、性に合ったのか作る側になってしまった。環境問題にも興味があったので、ガラスを溶かす窯も廃材で自作した。 廃ガラスは不純物が混じるので気泡ができる。自作の窯も温度が低いので溶けたガラスが硬く、形がゆがむ。「でも見方を変えれば、これも面白いと居直りました」 21日まで個展を開く美山かやぶき美術館(南丹市)は、築150年の古民家を再利用した展示空間。古いものに価値を吹き込む自分の作品に合っていると笠井さんは言う。 「古かったり、型通りでなかったりするものに、かえって良さがある。僕ら人間自身もそうかも知れませんね」 入場料500円。問い合わせは同館(0771・75・1777)へ。(高木友絵)

京都新聞 2008/5 リサイクル素材で優しい明かり 美山かやぶき美術館でガラス展

リサイクルした素材を使った照明器具や食器などを並べた「笠井秀郎・吹きガラス展」が二十日、南丹市美山町島の美山かやぶき美術館で始まった。古民家の座敷や屋根裏部屋の展示室に置かれた作品が、優しい雰囲気をつくり出している。五十八歳の笠井さんは長野県松本市に住んでいる。会社勤めを経て、独学で吹きガラスを始めた。同かやぶき美術館での個展は初めて。照明器具の台座は、古いアイロン、船のスクリュー、車の木製ハンドルなどを活用、ガラスのかさをつけている。涼感いっぱいの食器類も並び笠井さんは「民家を利用した美術館なので、かしこまらずに見てもらえる」と話している。七月二十一日(午前十時ー午後四時半)まで。入館料は五百円(隣接の資料館含む)。月曜休館。(井上年央)
市民タイムス 2007/3/19 「創」の現場を訪ねて 多様な価値観 投影 吹きガラス作家 笠井秀郎さん

ガラスくずを再利用するなどして、型にはまらない方法でランプや器を作る。日本大学文理学部応用物理学科卒。ものを作る人を応援しようと会社を辞めて31歳でギャラリーを始め、やがて自らも創作するようになる。国内外で作品展多数。松本市井川城三、五十七歳。

特殊な蛍光灯を砕いたガラスくずを熱して溶かし、吹きざおに付け、膨らます。それを傘にしてランプを作るなら、さびた炭アイロンや船のスクリューなどの趣のあるリサイクル材料から土台を選び、使い古しのパイプを支柱にさまざまな中古部品をはんだごてでつなぎ合わせていく。初期の目的を果たしたもの同士を組み合わせ、新しいものに再生させる。「泡のない透明なガラスが良いとされるけど、それを人間でいうなら若くて健康でお金持ちが一番ってこと?」。大量消費社会の表面的な循環システムや、世間の画一的な価値観に対する疑問が、創作への思いの根っこにある。「病気でも貧乏でも障害があったっていいでしょ。古いもののほうが『面白い』っていわれたい」。工房の一角に並べられたぽってりとした柔らかいラインの器や、金属と組み合わされて西洋骨董(こっとう)のような雰囲気を醸すランプたちが、吹き込まれた作者の思いを静かに代弁する。
応用物理学は好きでも職場環境が肌に合わない気がして、大学を卒業すると仲間のように研究職には就かず、故郷の広告代理店に就職した。「徹底的にやる」性分で、一気に役員にまで上り詰めるが「頑張れば頑張るほど”ごみ”が出る」と、仕事に矛盾を感じ始める。「そういうことと無縁の世界にいきたい」。いつのころからか「三十歳定年」を心に決め、予定どうり実行した。勤めていたころ、もの作りをしている人との出会いがあり、自由な生き方にあこがれてきた。「彼らを応援できればいいなあ」。昭和五十六年、三十一歳のとき、松本の中心市街地で現代美術を扱うギャラリーの経営を始めた。当時としては珍しい土蔵を改装した空間でも話題になったが、じきに手狭になる。環境問題やリサイクルに関心があったから、思い切って廃材でギャラリー兼自宅を建て、三年後に移った。吹きガラスはそのころ、あるガラス作家と知り合った縁で庭に窯を築き、リサイクルの一環で始めた。「求める人がいてくれたからそれが仕事になっていった」。もう二十年以上たつ。ギャラリーを兼ねた自宅と、庭先に建てた小屋が工房だ。建築から約四半世紀たった今は、周囲の田んぼもわずかになり、すぐそこまで住宅団地が迫っている。ガラス吹きは春と秋、手作りの窯を据えた小屋の中で行う。素材の変容を見守る姿勢で「火に委ねて素材とのコラボレーションを楽しむ」。目指す「結果」はないから、あぶり直しもしない。一点は五分ほどで完成だ。「どうせ思うようにならない、割れたらまた材料になるしね」。そんな柔らかな思いがはぐくむ作品は、長いガラス文化を持つ西洋人の目には特に新鮮に映るようで「日本より西洋の方が支持層が厚い」という。 人は一つの物差しでは測れないし、そうする必要もないと思っている。「工芸とかアートとか立体とかクラフトとか、どこにも属さないものを作りたい」。作っているときの気持ちの高揚を楽しみながら「世間の流れにとらわれずにもうしばらく、今のあいまいなところを歩いていきたい」と思う。 (白沢幸恵)
信濃毎日新聞 2006/10/9 津軽三味線(音色) ランプの光(演出) 松本の演奏会に120人 

松本市刈谷原町の「ヴィオ・パーク劇場」で七日夜、津軽三味線奏者、二代目高橋竹山さんの演奏会が開かれた。「三味線と灯(あか)りのコラボレーション」がテーマ。市内の吹きガラス作家、笠井秀郎さんが制作したランプに照らしだされ、激しくかき鳴らされる三味線に約百二十人が聴き入った。高橋さんは「三味線よされ」「津軽あいや節」など十二曲を披露。前衛絵画を飾った会場で弾いたことはあるが、明かりとの「共演」は初めてといい、弾き終えて「演奏中にランプが視界に入ると、ほっとした気分になった」と振り返った。笠井さんは、ガラスを再利用し、優美な曲線が特徴の照明器具や花器などを作っている。裏方として照明の強さを調節しながら演奏を見守り、「三味線とガラス細工が影響し合い、両方の世界が広がればいい」と話していた。同劇場は二十二日まで笠井さんの作品展を開いている。入場無料


よみうりロマンの旅 vol. 45 2006/5/20 読売新聞社 廃ガラスの優美な作品「ギャラリーKURA」

松本にはおもしろいアーティストがいるものだと感心しつつ、ガラス作家を訪ねる。  街を案内してくれた笠井秀郎さんだ。この方の物づくりは半端ではない。まず、ギャラリー兼自宅から自作だという。そのハンドメードぶりは日本人離れしている。「80年代にエコロジーに関心を持って廃材利用を始めました。捨てられるもので生かせるものがいっぱいあります」もったいないを地で行く笠井さんはギャラリー経営が主だった。自らもガラス作家となったのは23年前。廃ガラスに注目してからだ。カップや皿、ランプといった作品が中心で、廃ガラスの色が混ざった独特のもの。気泡も混ざり、一つとして同じ作品はない。その独特の作風が注目され、ニューヨークやベルギーなど海外での個展も経験している。(廃ガラスを使って1000度の窯で吹くガラス作品は、気泡が混じり独特の風合い。笠井秀郎さんの作品は、一般のガラス器の常識を打ち破っている。ランプのスタンドは、古いスクリューや蹄鉄を使い、リサイクルにこだわっているものばかり。「でも、主張はしない。皿にしても何をのせるかは自由です。」。作品に名称をつけないのも笠井さんらしい。コップ3500円、皿8000円〜、ランプ38000万円〜

アントレ(特別編集) 独立事典 2004/1/15 リクルート  超スペシャルな仕事を超ハートフルに 
私たちが出会った これぞ天職!!  掟破りのガラスの宇宙

20年前からリサイクルに着目し、独学で廃ガラスを利用したガラスアート制作に取り組んでいる笠井さん。従来のガラスのイメージとは違う、味わいと温かみのある作品は国内外で多くのファンを生んでいる。

 もともと僕はエコロジカルな生活に興味を持っていたんです。広告代理店を辞めたのも、利益を挙げる目的でエネルギーを使ってゴミを排出する、そういう仕事は環境に良くないと思ったから。それで、ひとりで頑張ってモノをつくる人を応援したくなって、現代美術のギャラリーを始めました。そのうち、自分でもつくりたくなってきて。偶然、埋め立て地でガラス廃材を見かけて、微弱ながらもリサイクルになると思って廃ガラスを溶かして吹き始めたわけです。バブル後の不況で、ギャラリーが暇になったのも追い風で。暇になるというのは悪いことじやないんですよ。やりたいことをする時間が増えるということですから。あちこちに廃材を探しに行けるし、ただでくれる人にも出会える。野菜をつくれば食うのだって困らない。それに何より、制作にかける時間がたっぷりある。これはモノをつくる人間にとって幸せなことです。 1000度を起す窯の前で作業していると、あまりの熱さで精神が無の状態、ハイになってくるんです。それがまた楽しい。焼きものと違って、作業中は直接作品に手を触れることはできません。つまり、僕の手を離れた部分、遠心力、重力、そういう地球規模的というか神がかり的な要素が加わってくる。似たような形はできても、2つと同じものはない。いろいろな偶然が灼熱の窯から誕生するわけです。一般的なガラスって、純度100%の透明感が常識でしょう? でも、僕の作品にはもとの廃ガラスの色が残っていたり、ガラス業界ではタブーとされている泡が入っていたりします。デメリットと思われるそういう部分が、逆に個性、特徴として受け入れられたのでしょう。見方ひとつで世界って変わるものですよね? 人生も同じで、ハンデだと思うことも見方を変えれば、それは個性であり、魅力になり得るんです。できたものを受け入れて、状況を楽しめばいい。おごった感じじゃなくてね。人生も僕のガラスも同じなんだな、と思いました。 何でも才能がないとあきらめる前に、好きならしつこくやることです。僕はそういう性格(笑)。同じスタートで3年やれば、かなりの人がドロップアウトする。5年たてば、奴は本気なのかと思われるようになる。10年すれば、何とかかたちになるものです。でも、山登りと同じで、引き返す勇気も大切。困難に立ち向かう心構えですね。リスクを恐れていたら何も始まらないし、楽観視するだけでもダメ。自分が好きならユア・オウン・リスク、誰が決めるものでもない。とことん楽しめばいいんです。 ここ数年はインターネットのおかげで、海外からのコンタクトも増えて、活動範囲が広がりました。好きな土地に住んで、ものづくりに没頭できる環境があって、いろんな人に出会える
口−カルに住んでグローバルに生きる、これってイイでしょう!

一枚の絵 2003/9 一枚の絵株式会社  松本のアートスポット ギャラリーKURAと笠井秀郎


松本市郊外に住む笠井秀郎さんは、松本の現代美術の情報発信基地として二十三年間で計二百回以上の展示会を開き、一九八三年からは草間彌生に力を入れた。しかしいまは吹きガラス作りに追われている。始めて二十年、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ベルギー、チェコでガラス展を開いてきた。屑ガラスを再利用して作った作品は、ポテッとゆがんだ曲線、落としても壊れそうもない厚手の作り、優しさと温もりが特徴だ。自宅まで造ったリサイクルアーティストの目下の夢は古代のガラスを再現することである。

クリエーターズコラムマガジン「Zekt まぐまぐ 2003/4/14  G L A S S

 吹きガラス作家 笠井秀郎さん(53才)が本音を語る… ガラス作品なのに、見ているだけでほんわかあたたかな吹きガラスを作られる作家の笠井秀郎さんをご紹介します。広告のお仕事から、リサイクルガラスを利用したガラス作家への転身の真意とは?自宅兼現代美術のギャラリー(KURA)のオーナーでもある笠井さんの思いをご覧ください。

私は、リサイクルガラスを利用して独学で吹きガラスを作っています。 一般的なガラスというのは、その素材が持つ“堅くて、冷たい”というイメージがありますよね。でも、この社会には“若くて、キレイで、健康”な人ばかりではありません。「病気であったり、ハンディがあったり、年をとっていたり…」味方を変えれば、これらも“魅力”だと思うのです。少なくとも“個性”だと思います。私のガラス作品に触れて、このように思っていただけたら幸せです。 もともと、私は広告代理店の営業マンとして、広告制作に携わっておりました。でも、広告の仕事は頑張れば頑張るほどエネルギーを使い、「ゴミ」を作り出します。これは私にとっては一生の仕事ではないと思い、独学でリサイクルガラスを吹きはじめました。当時からエコロジーやリサイクルに関心があって、リサイクルの一環としてガラスの再利用がやりたかったんですが、当時は周りに教えてもらえる人もいなく、自分で試行錯誤しながらガラス吹きを始めたんです。大学の専攻が応用物理だったこともあり、ガラスの性質はよくわかっていましたから。この仕事に携わってきてよかったことは、やはり知らない方と知り合いになれることですね。ときどき“ファンレター”のようなものをいただけて、嬉しいです。また、自分のサイトで作品を紹介しているのですが、今までとは違うお店とギャラリーの方と知り合いになりました。ここ2〜3年のインターネットの影響は大きいですね。私の場合、英文やフランス語のページがあるためか、海外からのコンタクトもあるんですよ。どの世界もそうですが、「プロ」になって生き残るのは大変かもしれません。誰にとってもハードルがあります。そこで超えるか引き返すかはその人次第です。「おもしろそうだから」ぐらいの軽い気持ちだと続かないかも。でも「これしかない」なんて変に力が入っていると疲れますし。 本人が“好き”で他人から見て“苦労”が“苦労”と感じない人なら、何をやっても大丈夫です。誰かが言ってた「1%の才能と99%の努力」ですね。なるべくエコロジカルに生きたいです。現在も照明などは作っていますが、今後はガラス素材だけでなく、古材やクズ鉄も使った作品を増やしていきたいです。私にとってガラスとは、毎日毎日違う表情を見せます。熱を使う仕事はクセになりますね。 この仕事を目指す方に一言!景気が悪い時にはチャンスです。ここでうまくいけば怖いものなし! 景気が悪くてとぼやいていても始まりません。これは皆同じですから。

 ★笠井秀郎さんのプロフィール★

 長野県松本市生まれ。大学卒業後、広告代理店に勤務。その後独立しギャラリーを始める。友人のガラス窯でガラスを吹き始め、現在に至る.

【編集部の目】

 ガラスというとどうしても、精巧で研ぎすまされたというイメージが強いような気がしますが、彼の作品は見ていても、ほんわか柔らかさと暖かみにあふれた作品です。リサイクルガラスを用い、その時々の偶然が生み出すものを大切にしているとおっしゃるだけに、自然でいてたくましいガラス。ガラスをたくましいというのも変な言い方ですが、まずは笠井さんのホームページをご覧ください。作品は3,500円くらいからあるとのこと。展示会が主ですが、サイトに取扱い店の案内がありますので、お近くの方はぜひ足をお運びください。プライベートではガラス展を口実に一家で犬連れて旅にいくとおっしゃる笠井さん。楽しそうな様子が目に浮かびます。今度はぜひ展示会に寄らせていただきますね。そして、読者の皆様、まずは彼のホームページをご覧ください。このたびはお忙しいところ、インタビューにお答いただきありがとうございました。今後の笠井さんのご活躍を陰ながら祈っております。

日本経済新聞 2002/9/19  リサイクルアート最前線 光で幻想世界に誘う 循環型社会映し実用品も増える

鉄くずや廃ガラスから幻想的な光がもれてくる――。廃材や廃品の造形を光のコントラストによって浮かび上がらせる新しいタイプのリサイクルアート作品が目立ってきた。食器や照明など実用に使える作品が増えているのも最近の特徴だ。 群馬・渋川の伊香保グリーン牧場に隣接するハラミュージアムアーク。巨大な厩舎のような美術館に入ると、ボウリングのピンの形をした無数の照明が怪しい光を放つ壁画が目の前に迫ってきた。 ピンは、実は清涼飲料の瓶を縦に切断したものだった。テラゾと呼ばれる人造大理石のブロックに手前・奥6本ずつ埋め込まれ、そのブロックが縦横13個ずつ積み上がっていた。裏側の蛍光灯の光が瓶を通り、幻想的な世界に誘(いざな)う。 腕組みして見上げていた男性(70)は「とても瓶には見えない。じっと見ていると壁の中に引き込まれそうになる」と話す。 同美術館で開催中の「三宅道子展」では、通常捨てられる写真フィルムの先端部分に光を当てて映像を作り出す作品なども展示。三宅さんは「見過ごしがちな不要品に光を与えると、違った形で生まれ変わる不思議さを表現したい」と話す。 千葉・印旛日本医大前のメタル・アート・ミュージアム・光の谷で開催中の「たべ・けんぞうの世界展」では、現代彫刻作家のたべけんぞう氏の新作「STARDUST」が目を引く。機械部品、鉄線、玩具などの廃品を生け花のように配置して金色に装飾、さらに約20個の豆電球をちりばめた作品だ。「廃材を使うことで鑑賞者も元は何だったんだろうと興味を抱いてくれる。日常生活にリサイクル製品が多く入り込み、リサイクルアートも違和感なく受け入れられるようになってきた」とたべ氏。 廃材や廃品を使う動きは、新聞などを貼り付ける20世紀初頭のコラージュに始まった。その後既成概念を否定するダダイスムが生まれ、戦後は作家のイメージをあらゆる材料でオブジェ化するジャンクアートなどに昇華していった。しかし、「不要品そのものを再生するリサイクルの概念がアートに取り入れられたのは最近のこと」と安田篤生ハラミュージアム副館長は指摘する。 単なるオブジェとしてではなく、食器、照明など実用品として使える作品が増えたのが最近の特徴で、循環型社会の波がアートの世界にも押し寄せてきた格好だ。 吹きガラス作家の笠井秀郎氏は、廃ガラスを使って花器、食器、照明などを作る。「色や材質の違う廃ガラスを混ぜ合わせるため、意図しない色や気泡が出たり、形が不ぞろいになったりして、それが逆に従来のガラス製品にない暖かみを醸し出す」(笠井氏)。笠井氏の作品は、東京・新宿の「ゆうど」、大阪・吹田「クラフトギャラリー ぐらーじゅ」などで常設展示されている。 笠井氏は「ゆがみ、凹凸などのハンディが逆に個性として輝くのがリサイクルアートの長所でもある」という。

毎日新聞 2001/9/21  ユニークな再生アート展 廃材ガラスが花瓶になった

 捨てられたガラスを溶かして花瓶などに再生するユニークな再生ガラスアート展が、26日まで東京都新宿区下落合3の20の21ギャラリー「ゆうど」(пj03・5996・6151)で開かれている。廃材ガラスを再生させているのは長野県松本市井川域でギャラリーを経営している笠井秀郎さん(52)。不燃物理め立て場に捨てられていた廃瓶、ガラスのくずを見て、有効利用できないかと考え、再生ガラスアートを思いついた。十数年前のことだ。自宅に吹きガラスの工房を自分で作り、くずガラスを集めては花瓶、つぼなどを作ってきた。 でき上がった瓶や鉢には、元の廃ガラスの色が残っていたり、形がふぞろいだったり、ぶつぶつの泡が残っていたり、再生ガラスならではの味わいがある。「ひと振り、ひと吹きで作るから、その時々の重力や遠心力でいろいろな個性が誕生する」と透明で繊細なガラスとは趣の異なる魅力を語る。 作品展では照明器具、食器なども含め約180点を展示している。開館は午前11時〜午後7時。入場無料。

寄ってみたい「店」松本・安曇・諏訪 第六版 工房訪問 2000/8/1 山麓舎

ギャラリーKURAのこと
笠井秀郎さんといえば、ガラス工芸家としての名は知らなくても、(ギャラリーKURA)のオーナーといえば、知る人は多い。最初、松本市街中央部で蔵だった建物でギャラリーを始めたのは、もう20年近く前になる1981年。まもなく、廃材などを用いて建物をほとんど自分で建て、ギャラリーを現在地に移した。市街地から離れた、当時まだ周りは田んぼだったところ。場所も建物も、それまでのギャラリーの概念とは遠く離れた印象を与えた。 ギャラリーKURAの活動はめざましいものがある。長野県美術展や中信美術展が長い歴史を誇り、全国的な美術団体の各支部活動も活発であるなど、当地方はそれなりに芸術が盛んな地域といえる。KURAが注目されたのは、また反発無視されるようにみられたのは、そのようにかたちづくられ美術界とはいつも無関係な、ときには一般の人々の美術概念からも遠く離れた、美術・工芸作品を次々とみせてくれたことだ。それが新鮮だった。世界的に有名であるにもかかわらず何故か、出身地松本では全く無視されていた草間彌生をはじめて催したことなど、まだ認知されてないような人も含めて若い現代の作家たちを多数紹介してきた。また、ときには気軽にアンティーク展もやるなど、笠井さんの名は知らなくても、ここをおとずれたことのある人は多いことだろ、 思えば、たいがいの展示会は、ギャラリーのたたずまいにふさわしい作品がいつもあった。といっても、笠井さんがKURAの活動をやめてしまったわけではない。展覧会開催の回数は以前より少なくなっている気はするが、最近作家活動が忙しくなってしまったせいだろう。

古いものからこそ生まれる美しさ
 笠井さんの作品は、地元ではあまり知られていなくても、使っている人、身近に置いて親しんでいる人は各地にいる。それどころでなく、略歴欄にも記したように、海外での個展歴も数回にのぼる。「僕の作品は外国人のほうがおもしろがってくれた」 というように、笠井さんを最初にきちんと評価したのはニューヨークの画廊だ。「年間平均1500個ぐらい作っているけど、どこにいくのか、僕のところにはほとんど残っていない」。知る人こそ知るも、地元であまり知られないそれなりの理由はある。「ギャラリーで会場を提供する以上、自分の作品は置かない」というように、オーナーとしての矜持がある。 では、笠井さんはどんなガラス工芸をやっているのだろう。訪れたことがある人なら、ギャラリーKURAの雰囲気を思い出すといい。 ギャラリー本体もそうだが、入口右手にある小屋も内部にあるガラスを溶かす窯も、すべて自作。窯は中古の耐火煉瓦を使い自分で築いた。そこで溶かして作品となるガラス原料も、近くの(豊科や諏訪の)ガラス工房から出るガラスくず。最初の頃は、使用済みのビンやガラス破片なんかも原料としていた。古材を使えば安いからではない。自分でとりに行かなければならないから手間がかかるし、質や量は安定してない。でも、笠井さんにとって、原材料は古いものでなければならない。 それは「環境の問題でもある」というように、ギャラリーKURAの建物・活動全体にも共通する笠井さの生き方の根本、哲学にかかわっている。 

やわらかく暖かみのある形と色
 ガラス工芸作家としても、笠井さんは非常にユニークだ。 まず、窯。灯油を燃料とする自作の窯は、溶かす、あぶる、徐冷するの、三つに分けられた炉をバーナー一つでまかなう。 従って燃費は安い。 また、火は朝いれて、夕方には消す。 あづみ野ガラス工房や諏訪のガラスの里を見学すればわかるが、炉はいったん火をいれれば、何ヶ月も火をおとさないし、溶かしたり、あぶったりする炉は独立し、温度管理もコンピュータ制御できるようになっている。個人工房でもそれに似た設備をたいてい持っているのに、笠井さんの炉は、徐冷炉にのみ最近温度計を入れただけ。 「厳密な温度はあまり関係ない。溶けているのをちょうど水飴のようにいじったり、吹いたりしていていると、成るような形になってゆく。一つ一つ、けっして同じ形にはならない。不揃いだ。 それから、原材料。赤・茶系色は酸化鉄を主成分とする紅殻、緑色系は主成分酸化クロームの織部釉、ブルーはコバルト化合物の呉須など、色は他の工房と同様(そして陶芸作家も同様)のものを使う。しかし、ガラスくずを溶かして使うことが大きな違い。完全な透明にはならず、色も均一には発色しない。意想外な模様が付いたり、小きな気泡が生じたりもする。それが、前にもいった笠井さんの生き方の基本であるとともに、笠井作品そのものを大きく特色づけている。古いものこそが新しい美を生み出すという信念。「古いもの、くずからこそできるもの。 新しい原料では、非常に透明で、かるいものしかできない。それがガラスかもしれないが、冷たくて、繊細で、壊れやすい。僕のは、丈夫人で、あったかくて、やわらかい」。 グラスなど、持つ手に実にしっくりとなじんできて、ほんとに笠井さんのいうとおりだ。 おもいおもいの形をして生まれ出た花の器たちなら、そこら辺に咲く草木の花を何でも、無造作に生けるのがいちばん似合う。

和樂 2001/12 小学館  

手を洗いながら、ふと古材の深い味わいに目を奪われた瞬間 
古材でつくられた灯りは和の風情に深く溶け込む 「吹きガラスのあかり」笠井秀郎作

環境問題だけでなく、純粋に古いもののほうが味があるという理由で、作品の素材としてリサイクルガラスや、古材の鉄や木を扱うことが多いという笠井秀郎氏。現代のモノは効率的で使い勝手もよいが、合理性ばかり求めず、ほのぼのとしたものをつくっていきたいという彼の照明は、ガラスもスタンドの木も古材でつくられており、古いもののもつ味わいが生かされている。洋風に使うならアンティーク家具と合わせたい。 ¥32000/W17XD18XH25cm(ゆうど)

ECO・らいふ 暮らしは、生き方 秀郎さんの吹きガラス  1997 石川環境ネットワーク

その一輪ざしや花の器やグラスを見た時、ガラスなのに冷たさよりもぬ<もりを感じさせるふしぎなガラスだな、と思いました細かい泡つぶがあちこち流れるように入っていたり、筆のひとはけのような縞もようがあったり.作ったのは、松本に住み、市内のギャラリーKURAのオーナーでもある笠井秀郎さん。笠井さんの作品の材料はガラスの破片やワンウェイぴん、いわゆるくずガラスです。「でもそれにしちゃ高いと思うでしょ。たしかに原料代だけは安いんだけど、とかすのに燃料も要るし、新しいガラスで作るより手間かかるし、僕の生活のこともあるL、それにさ、あんまり安いと大切にされないですぐまたごみになっちやうからね、アハハハ」。建築廃材を利用してほとんど自分で建てた自宅兼ギャラリー、ガラスをとかす窯をたく燃料も、ガソリンスタンドで分けてもらうエンジンオイルの廃油。そんな笠井さんにガラスづくりの話を聞きました。 リサイクルってことで言えば、僕はもっと積極的なとりくみをしたいなと思ってるの。古いものでも、くずでも、こんなきれいなびんに生まれ変わる、っていうんじやなくて、古いからいいんだよ、っていうのが僕の考え。実際には、古いガラスで作った方がよりいい色の効果が出るし、新品のガラスからは出せない味わいみたいなもんが生まれるんだよ、泡なんかもね。ほら、よく、障害者でもがんばって生きている、という言い方、あるじやない。子どもなのに、とか、年寄りでも、とか.本当言ったら、障害の人がよりいいもの持って輝いてたり、子どもの方がよりピュアだったり、ってこともあるのにさ。無農薬だからってまずいもん食わせて平気なレストランあるけど、それは質というかな、作っている人のスピリッツの問題で、やっぱり、いのちを入れてやらなくちゃあ、ねえ。 古紙のリサイクルがたくさんの矛盾を抱えた不完全な輪でしかないように、ガラスびんのリサイクルもまた、本当の輪としてまわっているわけではありません.かつてのように酒屋さんが、地域での生きぴん(リターナブルびん)の回収ポストの役割をいくらかは果たしていて、回収業者との行き来もスムーズだったころと違い、今では再生工場に行くはずのカレツト(ガラスくず)どころか、生きびんでさえも、びんを洗う工場からひどく遠いような場合には、こっそりながら埋め立て場に行ってしまうこともあるのが現実、だと言います。そんなことも見えてくると、スチール缶ならまだ土の中でさびて無くなりもするけれど、ローマ時代のものが今も形として残るガラスがどんどん土に埋められては大変だ…‥、そんな危機感もまた、笠井さんがガラス吹きを始めたきっかけの一つでした。もちろんそのガラスづくりにもエネルギーはかかるわけだし、ベストなのはそのままで再使用すること。笠井さんはアメリカに旅した時、ガラスを砕いて砂のかわりにして舗装に使っているのを見たそうです。また、友人が風呂場の床にびんを逆さに立てて、すきまに粘土をつめて風呂場にしきつめた例も知っているとのこと。そういうことが人間の知恵なのでしょう。回収しているから、どんどん使っていいのではなく、大切なのは使う量を減らすことです。  環境で大切な3つのRRecycleReuseReduce(減らす)のうち、最後のRが肝心だね。リサイクル、リサイクル、ってかけ声だけでつき進んじゃうと、それは企業の肩棒かつぐことなんだから。人間はきっと地球から見ればガン細胞みたいなもんじゃない?仲間に入れていただきます、って謙虚にしていないと、このままじゃ本体の、地球のいのちの方を縮めてしまうよね。 笠井さんとお話して数日後、いくつかの資料が笠井さんの吹きガラスの絵はがきとともに送られてきました.93年秋にはニューヨークで友人と手吹きガラスの二人展 「Soft and Warm 」 を開いたこと、会場に笠井さんは青の一輪ざし350個を床に並ペて「風」と名づけ、それを見た人たちが 「色も形も違う人が集まるマンハッタンの群衆みたい」と感じてくれたこと、などを新聞記事の切りぬきから知りました。「その(群集の)中には、障害者やエイズキャリアの人もいるよねj という笠井さんの短いコメントが、まさに笠井さんの、いろんな個性を持つ人たちとともに生きる、という姿勢そのものだなあ、と思いました。 笠井さんの吹きガラスの花びんには、庭の隅の何気ない草の葉とか、そばの花とかが実によく似合います.雑草とよばれる草ひとつも酸素を出してくれているんだね、そう気づくことも人間の思いあがりをなおす初めの一歩なのかもしれません。

コンフォルト 1996 春 建築資料研究社  リサイクルガラスを吹いています

 私は10年程前から「空ビン」や、近くの安曇野ガラス工房から出る「くずガラス」を使ってガラス吹きをしています。 そもそものきっかけは、不燃物埋め立て地に大量のガラスが捨てられているのを見たからです。中にはリサイクル可能なビンもありました。ガラスを回収して遠方の工場まで運び、再び利用するという事は、ガソリンを消費したり排気ガスをまいたり、ビンを洗うのに大量の水を使ったり、実は環境にはよくなかったり、コストの点にも問題があるようです。 ガラスは安定した素材のため何千年でも地中に残るのではないかと、一人胸を痛め、リサイクルガラスでの吹きガラスを思いついたのです。 窯もリサイクルの耐火レンガ、燃料はガソリンスタンドからもらった使用済みのエンジンオイル。試行錯誤の結果5年ほどしてようやく花器などができるようになりました。しかし売れなければ、ただの自己満足です。幸い知り合いのギャラリーや画商さんが扱ってくれたので、今では年間10回程の個展の準備に追われる程になりました。一般的にガラス作品は、技術のかたまり、ピッとしているのが常ですが、私のはまるで反対、分厚くて歪んでいます。おそるおそる扱うものとは異なり、手で触れて温かい感じがするガラスになりました。原始的な窯で毎日条件が違う中から生まれた結果なのでしょうが、新しい材料を使って最新式の設備で作るより味わい深いものになっているようです。規則だらけの現代社会に生きる人々にとっては、私のガラスはなにかホッとするもののようです。 93年にはニーューヨークで友人と二人展を開きました。ガラス先進国での展示会は緊張しましたが、意外と好評でした。来年にはオーストラリアで個展の予定もあります。燃料も廃油では間に合わなくなって灯油を使っています。リサイクルのつもりが、いつの問にか作家活動になってしまいました。 ガラス吹きを始める前から現代美術のギャラリーをやっていますが、これも古材を集めて自分で建てたものです。エコロジーと言うと聞こえがいいのですが、本当はお金が無かったからという事もあります。環境にも懐にも優しいリサイクル、他のジャンルの物づくりの人にもあてはまるのかもしれません。